親権問題に強い福岡の弁護士をお探しの方へ

親権についてお悩みの方へ

 

 

親権の問題点

親権の取得の可否についての判断が難しい

個別具体的な事案において、親権を取得できるか否かについて適切に判断するのは、親権問題に精通した弁護士ではないと難しいと考えられます。

例えば、親権についての判断基準のうち、「監護の継続性」は重要な要素ですが、具体的にどの程度継続していれば有利となるのか、判断するのは簡単ではありません。

また、相手方が監護の継続性について争うことが予想される事案の場合、立証可能かどうかについても検討しなければなりません。

このような判断は、親権についての専門知識と豊富な経験を有する離婚専門の弁護士以外では難しいといえるでしょう。

 

当事者同士での協議は難しい

離婚を決意した当事者は、相手方に対して、不信感、怒り、恐怖心などの悪感情を持っている場合がほとんどです。そのため、相手方と冷静に協議することは難しいと思われます。

また、親権について双方とも希望している場合、子どものために必死となって、泥沼の争いとなる傾向です。

 

間違った処理方針で不利になってしまう

親権は、後先考えず行動すると、取得が困難となるおそれがあります。

親権の取得を希望されるのであれば、親権問題に精通した弁護士に相談しながら進めていくことをお勧めします。

 

不必要な裁判は避けたほうが良い

相手方が親権を譲らない場合、裁判で争うという選択肢もあります。

しかし、裁判手続は、とても時間がかかります。ケースにもよりますが、調停段階を加えると、解決までの期間が数年間に及ぶ可能性もあります。

また、現状として、相手方が子供を監護している状況では、長期化することで相手方の監護実績が形成されてしまい、ますます不利になってしまいます。

そのため、裁判での紛争はできるだけ避けたほう良いでしょう。

 

 

プロの離婚弁護士はここが違う!
親権獲得サポート

当事務所は、親権を獲得するために、以下のサポートを行っています。

専門チームによる親権相談

親権を獲得するためには、親権問題についての専門知識やノウハウが必要です。

ところが、福岡はもちろん、全国的にみても、離婚問題を専門とする弁護士は決して多くありません。

当事務所では、親権に悩む方々を強力にサポートするために、親権問題については、離婚事件の専門チームに所属する弁護士が対応しています。

親権問題のプロフェッショナルがご相談者様の状況に照らして、裁判になったときの親権取得の見通しや、親権を獲得するための、今後の戦略(進め方)について、わかりやすく助言いたします。

 

監護者指定・子の引渡しの審判サポート

しかし、離婚の裁判は、判決が出るまでに長年月を要します。

相手方が子どもを監護している場合、裁判で戦っている期間の分だけ、相手方の監護実績が出来上がってしまいます。

そのため、当事務所の離婚弁護士は、裁判手続ではなく、「監護者指定・子の引渡しの審判」という手続を申立てることをご提案しています。

この手続は、裁判ほど時間がかからず、離婚成立までの監護者を指定し、監護者の指定を受けたら子どもの引き渡しを受けることが可能です。「離婚成立まで」という制限があり、前哨戦のようなイメージもあります。

しかし、この手続によって監護者と指定されると、後々裁判で親権を争ったとき、敗訴する可能性は極めて低くなります。なぜならば、裁判で戦った期間、自分が監護者として子どもを育てる実績が積み上がるからです。

したがって、監護者指定の審判は、事実上、親権を獲得するための重要な手段となります。

 

面会交流あんしんサポート

仮に、親権の取得が困難な場合、次善の策として、面会交流を充実させることも検討すべきです。

なぜならば、子どもの健やかな成長のためには、両方の親のサポートが重要だからです。

親権者となることができなくても、「親」であることには変わりがありません。当然、子どもと面会交流する権利があります。

当事務所の離婚弁護士は、仮に親権を獲得できない場合、面会交流を充実させるための様々な取り組みを行っています。

 

 

親権は、子どもの将来に重大な影響を及ぼします。

当事務所の離婚弁護士は「子供の将来のため」という視点から
親権について、強力にサポートいたします。

親権についてお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

 

 

解決事例

当事務所で親権獲得のご相談をいただいた方の解決事例をご紹介いたします。

 

 

 

お客様の声

 

 

 

福岡最大級を誇る当事務所の所属弁護士一覧についてはこちらからどうぞ。

離婚に強い福岡の弁護士

 

 

 

 

親権についてよくある相談Q&A

親権でお悩みの方からのよくあるご質問をご紹介いたします。

 

 

 


なぜ離婚問題は弁護士に相談?良い弁護士の見極め方とは…?