財産分与に強い福岡の弁護士をお探しの方へ

財産分与についてお悩みの方へ

 

 

財産分与の問題点

対象財産を正確に把握できない

財産分与においては、対象財産を洗い出すことが重要です。

しかし、対象となる財産が何かよくわからない、調査できない、という問題があります。

相手方が財産を隠すことはよくあります。このような場合、財産分与に精通した離婚専門の弁護士でなければ調査は難しいと考えられます。

また、特有財産については、上述したように、財産分与の対象から外れますが、これらについても、一般の方は、どうやって証明すればよいのかわからない、という問題があります。

 

評価が難しい

対象となる財産が正確にわかったとしても、次に、それを適切に評価するのが難しいと考えられます。

評価しなければならないのは、不動産、株式、退職金、保険、貴金属などの動産などです。

例えば、不動産については、固定資産評価額を「財産分与の基準」としなければならないと考える方もいますが、これは誤解です。

固定資産評価額は、あくまで課税の局面での評価額であり、財産分与における評価額は「時価」と考えるべきです。

通常、時価のほうが固定資産評価額よりも高額なので、固定資産評価額で財産分与を考えると、適切な額とはなりません。

 

冷静な話ができない

財産分与については、双方とも財産を誠実に開示し、冷静に協議する必要があります。

しかし、離婚を決意した当事者は、相手方に対して、不信感、怒り、恐怖心などの悪感情を持っている場合がほとんどです。

そのため、財産分与についても、疑心暗鬼となって、資産を開示しなかったり、開示されていても資産隠しを疑うなど、冷静に協議することが難しいことがあります。

 

調停や裁判は時間・労力がかかる

当事者同士での話し合いが難しい場合、家裁に離婚調停を申立てるという方法も考えられます。

しかし、調停は、とても時間がかかります。ケースにもよりますが、通常半年から1年程度は見ていた方がよいかと思われます。

調停が不成立となって離婚裁判となった場合、さらに1年以上の期間を要すると思われます。

特に、財産分与でもめると、財産開示等に時間がかかるため、解決まで長年月を費やすおそれもあります。

「早く解放されたいのになかなか解決できない」という状況が続くと、当事者には多大な負担となります。

 

 

プロの離婚弁護士はここが違う!
財産分与解決サポート

財産分与は、離婚条件の財産給付の中で、もっとも大きな金額となる傾向にあるため、重要なポイントとなります。

当事務所は、財産分与解決のため以下のサポートを行っています。

専門チームによる相談対応

対象となる財産を調査し、適切に評価するためには、財産分与の専門知識が必要です。また、家裁での手続が想定されることから、実務についての経験・ノウハウも必要となります。

当事務所では、「弁護士の専門特化」を事務所の第1の行動指針としております。

弁護士は、幅広く何でも対応するというスタンスでは、質の高いリーガルサービスを提供できないと考えているからです。

離婚相談については、離婚問題に注力する弁護士のみで構成される「離婚事件チーム」が対応させていただいております。

財産分与に精通した離婚弁護士が、相談者の具体的な状況に照らして、どのように財産を調査すべきか、また、財産分与としてどの程度の額が見込めるか等について、助言いたします。

 

相手方の財産を開示させる

財産分与においては、対象財産を洗い出すことがスタートとなります。

当事務所では、離婚問題をスムーズに解決するために、ご依頼を受けると、すぐに相手方に財産開示を求めます。

開示に消極的な相手でも、弁護士名で開示要求を行うことで、開示に応じてくれる可能性があります。

また、開示しない場合は、法的手続を取ることで、相手の財産を調査することも可能です。

このようにして、相手方の財産の内容を正確に把握することができます。

 

財産分与の適切な金額を知ることができる

対象財産が預貯金だけであれば、財産の評価は不要です。

しかし、対象財産の中に、不動産、株式等の出資、貴金属等の高価な動産、ゴルフ会員権、生命保険などがあると、それらを時価評価しなければなりません。

これらについて、適切に評価できるのは、財産分与に精通した離婚弁護士です。

また、当事務所は、不動産業者と連携しており、全国の物件を迅速に時価査定することができます。

さらに、当事務所の離婚事件チームには、税理士資格を有した弁護士が所属しております。そこで、非上場株式の評価等もサポートしています。

これによって、財産分与の適切な金額を知ることができます。

 

協議での解決の可能性がある

当事者同士での協議が難しい場合、当事務所では、弁護士が依頼者の代わりに相手方と直接交渉する手法(当事務所では、この手法を「代理交渉」と呼んでいます。)を提案しています。

プロの弁護士が相手方と交渉しますので、冷静に協議してくれる可能性があります。

また、法律的な主張は弁護士の方が説得的に伝えることができるので、適切な条件での協議が成立する可能性があります。

 

調停や裁判まで対応できる

相手方が不誠実な対応を取るなどして、協議が難しい場合、弁護士にご依頼されておけば、離婚調停や離婚裁判までもサポートできます。

「最初から最後まで、すべてを任せられる」というのは大きな安心感といえるでしょう。

 

 

財産分与は夫婦の財産を公平に分けるための大切な制度です。

財産分与についてお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

 

 

財産分与の諸問題への取り組み

養育費についてお悩みの方へ

年間700件以上の離婚相談を受け解決した実績を持つ弁護士チームが、離婚問題をサポートする法律事務家のお役にたてればと、事例をベースとした財産分与の諸問題についての書籍を出版いたしました。

財産分与における財産の調査・評価方法まで網羅的に解説しています。

ケーススタディ 財産分与の実務 対象財産別調査・評価等の法務と税務のチェックポイント | 日本加除出版

 

 

解決事例

当事務所で財産分与問題のご相談をいただいた方の解決事例をご紹介いたします。

 

 

 

お客様の声

 

 

 

福岡最大級を誇る当事務所の所属弁護士一覧についてはこちらからどうぞ。

離婚に強い福岡の弁護士

 

 

 

 

財産分与についてよくある相談Q&A

財産分与でお悩みの方からのよくあるご質問をご紹介いたします。

 

 

 


なぜ離婚問題は弁護士に相談?良い弁護士の見極め方とは…?