子どもの戸籍と氏

  

 

氏について

子供のイメージイラスト子どもの氏の変更は、子どもの居住地の家庭裁判所で手続が必要となります。

親権者が氏を変更する場合

執務中のイメージイラスト子どもの氏も変更したい場合には、家庭裁判所に、「子の氏の変更許可審判」を申し立て、許可を得る必要があります。

氏の変更手続は、子が15歳未満であれば、親権者が手続をすることができますが、子が15歳以上の場合、子の意思が重視され、子が自ら手続を行うものと法律上定められています。

しかし、お子さんに重度の知的障害がある場合などは、氏の変更手続きには注意が必要です。

15歳以上のお子さんに知的障害がある場合の氏の変更手続

氏の変更手続は、子が15歳未満であれば、親権者が手続をすることができます。

もっとも、子が15歳以上の場合、子の意思が重視され、子が自ら手続を行うものと法律上定められています。

したがって、15歳以上のお子さんの場合、親権者が氏の変更の手続を行うことは原則としてできません。

しかし、お子さんに重度の知的障害がある場合など、15歳以上のお子さん本人の意思が確認できなかったり、自ら手続をすることが困難な場合があります。この場合、氏の変更手続を行うには注意が必要です。

まず、氏の変更手続は、裁判所に氏の変更許可の審判を求めます。

裁判所は、子に知的障害があるなど自ら手続を行うことが困難と判断した場合には、子が15歳以上でも、親権者が手続を行うことを比較的緩やかに認める傾向にあります。

裁判所が許可の審判を出した後、戸籍上の氏の変更手続を完了するためには、各地の役所の戸籍係に、許可の審判と入籍届をあわせて提出する必要があります。

しかし、裁判所の許可の審判があっても、戸籍係が、15歳以上の子自らが手続を行っていないとして、氏の変更の手続(=親権者の戸籍に新たに入る手続)を認めないことが実務上あるようです。

説明する男性戸籍係が受け付けてくれないと、裁判所が許可を出したにもかかわらず、戸籍上の氏の変更が認められず、お子さんと親権者となった母(父)が別の名字のまま生活を続けなければなりません。

したがって、15歳以上でその意思を確認することが困難なお子さんの氏の変更の手続は、慎重に行うことが必要です。

 

 

親権者が氏を変更しない(婚姻時の氏を称する)場合

母子のイメージイラストこの場合でも、子どもを親権者と同じ戸籍に入れたい場合は、親権者が氏を変更する場合と同じ許可を得る必要があります。

子供の戸籍を相手方(通常は夫)の戸籍に残しておく場合、手続は必要とはなりませんが、通常は親権者と同じ戸籍に入れることを選ぶ方が多いです。

弁護士小野佳奈子画像弁護士に上記手続をご依頼される場合、有料となります。

当事務所は、離婚問題を専門としていることから、ご依頼を受けた方に対して、無料で手続を行っております。

まずはお気軽にご相談ください。

ご相談の流れについては、こちらをご覧ください。

 

 

子どもの戸籍の変更

手続のイメージイラスト離婚後、子どもの戸籍は元のままですので、親権者と同じ戸籍に入れたい場合には、【親権者が氏を変更しない(婚姻時の氏を称する)場合】の家庭裁判所の許可を得た後に、審判書謄本を添付して、親権者の戸籍への入籍手続を行う必要があります。

 

手続の流れ

離婚届提出・戸籍の変更

新しい戸籍の完成

お子さんの氏の変更許可審判申立て

変更許可審判、新戸籍への入籍

 

 

児童手当の受給権者変更

児童のイメージ画像児童手当の受給権者変更は、居住地の市町村役場での手続が可能です。

なお、離婚前でも、以下の要件を満たしている場合に認められます。

 弁護士が送付した協議離婚申入書の写し等

 妻と子どもの住民票が夫とは別の住所地に移動されていること。

児童手当の支給額等については、「母子(父子)家庭への公的扶助」に説明していますので、こちらをご覧ください。

 

 

児童扶養手当の申請

役所・役場のイメージ画像児童扶養手当の申請は、居住地の市町村役場で行います。

児童扶養手当の支給は、医療費や水道料金減免等にリンクされていますので、該当する場合は、支給額が少なくても、必ず申請するようにしましょう。

なお、児童手当の支給額等については、「母子(父子)家庭への公的扶助」に説明していますので、こちらをご覧ください。

 

当事務所は、すべての弁護士がファイナンシャル・プランナーの資格を保有し、離婚後の手続を含めたきめ細やかなサポートを行っています。

>> ご相談の流れについては、こちらをご覧ください。

 

 


なぜ離婚問題は弁護士に相談?良い弁護士の見極め方とは…?