医師・医者の離婚の特殊性とは?【弁護士が解説】

  
執筆者 弁護士 宮崎晃
弁護士法人デイライト法律事務所 代表弁護士
離婚分野に注力し、事務所全体の離婚・男女問題の相談件数は年間700件を超える。(2019年実績)

医師の離婚

病院のイメージ画像離婚は、夫婦の法的な婚姻関係を解消することです。

単に離婚するだけであれば、一方配偶者が医師であっても、普通のサラリーマンであっても大きな違いはありません。

しかし、離婚は、婚姻関係を解消するだけでなく、親権、養育費、財産分与、慰謝料、年金分割、婚姻費用等が問題となります。

一方配偶者が医師の場合、結婚生活が長くなると、サラリーマンの場合と比べて、資産が高額化する傾向にあります。

また、医師の場合、毎月の所得も高額な場合が多くあります。

カルテさらに、医師である夫が妻に医業を手伝わせているケースも考えられます。

このような特殊性があるため、特に、財産分与、養育費、婚姻費用、解雇等が問題となりやすい状況です。

デイライト法律事務所の離婚事件チームは、このような医師特有の相談が多く寄せられています。

そこで、一方配偶者が医師の場合の財産分与、その他の問題について詳しく解説します。

夫婦の一方が医師の場合、通常の世帯とは異なる特有の問題があります。

ここでは、一方が医師の場合に注意しなければならない下記のポイント等についてご紹介いたします。

 

 


なぜ離婚問題は弁護士に相談?良い弁護士の見極め方とは…?
  
執筆者 弁護士 宮崎晃
弁護士法人デイライト法律事務所 代表弁護士
離婚分野に注力し、事務所全体の離婚・男女問題の相談件数は年間700件を超える。(2019年実績)