不倫・浮気の示談書の書き方見本一覧【弁護士が解説】

不倫・浮気の示談書とは、パートナーが不倫したときに、そのパートナーや不倫の相手との間で締結する合意書のことです。

示談の中には、慰謝料(示談の金額)、支払い方法(分割、一括等)、支払日等を記載します。

ここでは、これらの示談書のサンプルを紹介しています。

すべて無料でダウンロードが可能ですので、ご参考にされてください。

書類と印鑑もっとも、相談者の方がおかれた状況は多種多様であり、どのような方法を選択すべきかは一概に言えません。

そのため、サンプルはあくまで参考程度にとどめ、離婚専門の弁護士への相談を強くお勧めします。

また、書式の使用は、離婚問題に苦しむ当事者個人の方及び弁護士のみとさせていただきます。

他士業その他の事業者の方に対しては、弁護士法違反(非弁活動)のおそれがあるため、無断使用を一切認めておりません。

 

不貞慰謝料の示談書(不貞相手)

この書式は、不貞行為の被害者(不貞行為をされた配偶者)と不貞の相手(配偶者の浮気相手)が慰謝料等について合意をする際に使用する示談書の記入例です。

記入例では、慰謝料の額や支払い方法ほかに、謝罪文言や口外禁止条項を記載しています。

また、支払い方法については、一括払いの場合と、分割払いの場合を記載しています。

分割払いの場合は、万一、支払いが滞った場合のペナルティ(期限の利益喪失と遅延損害金)として懈怠約款を記載するのが一般的です。

どのような条項を入れるかはケース・バイ・ケースで判断すべきです。

また、示談書の最適な内容は、個別具体的な状況であくまで変わってきます。あくまで参考程度にとどめ、詳細は離婚に詳しい弁護士に助言をもらうようにされてください。

不貞行為について、くわしくはこちらをごらんください。

【不貞慰謝料の示談書(不貞相手)】のひな形をダウンロード

PDF形式でダウンロード
Word形式でダウンロード

 

 

不貞慰謝料の示談書(3者間:夫、妻、不貞相手)

この書式は、不貞行為の被害者(不貞行為をされた配偶者)と不貞行為の加害者である配偶者と、不貞の相手(配偶者の浮気相手)が慰謝料等について、3当事者間で合意をする際に使用する示談書の記入例です。

記入例では、慰謝料の額や支払い方法ほかに、謝罪文言や口外禁止条項を記載しています。

また、支払い方法については、一括払いの場合と、分割払いの場合を記載しています。

分割払いの場合は、万一、支払いが滞った場合のペナルティ(期限の利益喪失と遅延損害金)として懈怠約款を記載するのが一般的です。

なお、不貞行為は、共同不法行為であり、慰謝料の支払い義務の法的性質は不真正連帯債務であると考えられています。

どのような条項を入れるかはケース・バイ・ケースで判断すべきです。

また、示談書の最適な内容は、個別具体的な状況であくまで変わってきます。あくまで参考程度にとどめ、詳細は離婚に詳しい弁護士に助言をもらうようにされてください。

不貞行為について、くわしくはこちらをごらんください。

【不貞慰謝料の示談書(3者間:夫、妻、不貞相手)】のひな形をダウンロード

PDF形式でダウンロード
Word形式でダウンロード

 

 

離婚書式・資料集


なぜ離婚問題は弁護士に相談?良い弁護士の見極め方とは…?