新型コロナウイルス感染症への当事務所の取り組み

  

デイライト法律事務所では、新型コロナウィルスによる感染症への対策として当事務所へご来所される皆様にご安心いただけるように以下の感染対策を実施しております。

ご来所される方への取り組み

①エントランスにアルコール洗浄液を常備

ご相談者様にもご使用を奨励しております。

 

②ソーシャル・ディスタンスの確保

ご相談者様と弁護士との距離を1.8メートル以上確保しご対応致します。

また、弁護士と相談者様との密接を極力避ける為、必要書類、弁護士の名刺等については予めデスクにセッテングしお迎え致します。

 

③会議室のドアを開放

密閉空間を避ける為、面談中もドアを開放させて頂きます。

 

④アクリル衝立の設置

会議室のテーブルにアクリル衝立を設置しており、飛沫による感染を防止しています。

 

⑤面談後の除菌作業

面談後は次に利用される方のために、必ず除菌作業を行っております。

 

⑥設備などの除菌作業

ドアノブ・電話機等の設備については毎日複数回除菌作業を行っております。

 

⑦手洗いなどの手指衛生の徹底

弁護士、秘書ともに事務所へ入室する際、手洗い・アルコール消毒を徹底し入室しております。

 

 

当事務所のスタッフへの取り組み

当事務所では、感染リスクに照らして、状況を4つのフェーズ(段階)に分けており、それぞれのフェーズにおいて、最適な対策を行っています。

以下の取り組みは、その対策の一例となります。

①体調不良時の出勤停止

体温が平熱より高いなど、体調不良の場合、事務所への入室を禁止しています。

 

②手洗い・消毒の励行

弁護士、秘書ともに、事務所に入室前に、手洗い・アルコール消毒を徹底しています。

 

③時差出勤・リモートワークの推進

公共交通機関利用者を中心にして、時差出勤・リモートワークを推進しています。

 

④執務室の消毒

手指が触れやすい箇所をリスト化し、毎日複数回消毒作業を実施しています。

 

⑤オンライン会議の推進

事務所メンバー間での会議やクライアントとの打ち合わせの際、オンライン会議を活用しています。

 

⑥ソーシャルディスタンスの確保

事務所メンバーとの会議や、コミュニケーションを対面で行う際、メンバー間でも飛沫感染を防止できる距離を取って実施しています。

 

 


なぜ離婚問題は弁護士に相談?良い弁護士の見極め方とは…?