モラハラ夫との離婚を1ヶ月で成立させた、妻Eさん(20代)の例

執筆者
弁護士 宮崎晃

弁護士法人デイライト法律事務所 代表弁護士

所属 / 福岡県弁護士会・九州北部税理士会 

保有資格 / 弁護士・税理士・MBA

ご相談者Eさん (福岡市早良区)
職業:会社員
世帯年収:550万円
婚姻期間:2年
解決方法:協議
子どもなし
離婚を切り出した

相手:30代会社員

※実際の事例を題材としておりますが、事件の特定ができないようにイニシャル及び内容を編集しております。なお、あくまで参考例であり、事案によって解決内容は異なります。

サポート無 サポート有 利益
離婚 ×不成立 ○成立
財産分与 × ○家財道具 家財道具

 

状況

Eさん(会社員・28歳・年収180万円)は、夫(会社員・33歳・年収約370万円)とは2年前に結婚しましたが、子どもはいませんでした。

プライドが高い夫からは、日常的にバカにされ、また、人格を否定されるような発言に悩み、診療内科を受診するようになりました。しかし、身体的な暴力は過去1度だけであり、口論となった際、頬を平手打ちされて少し腫れた程度の内容でした(受診はしていない。)。

Eさんは、夫のモラハラに耐えきれなくなり、今後について弁護士に相談しました。

 

弁護士の関わり

弁護士は、Eさんの精神状態が危険であったことから、別居を勧め、Eさんを実家へ帰らせました。そして、夫に対し、書面で協議離婚の申入れを行い、同時に、Eさんとの今後の一切の接触を禁止しました。

接触禁止に対し、夫は、素直に応じてくれましたが、Eさんとの修復を希望し、離婚は拒否しました。

弁護士は、粘り強く交渉し、その結果、1か月という短期間で協議離婚を成立させることに成功しました。また、妻が希望した家財道具の引取りも夫に応じてもらいました。

 

補足

このケースでは、法律が定める離婚原因(民法770条1項)に乏しく、訴訟を提起しても離婚は認められないことが予想されました。

しかし、このようなケースでも、離婚の意思が固いことを相手方に誠実に訴えかけ、理解してもらうことで早期解決が可能な場合があります。最終的には相手方にEさんの言い分を理解してもらい、円満に解決できました。

 

 

執筆者
弁護士 宮崎晃

弁護士法人デイライト法律事務所 代表弁護士

所属 / 福岡県弁護士会・九州北部税理士会

保有資格 / 弁護士・税理士・MBA

専門領域 / 個人分野:家事事件 法人分野:労務問題  

実績紹介 / 離婚の相談件数年間700件超え(2019年実績)を誇るデイライト法律事務所の代表弁護士。離婚問題に関して、弁護士や市民向けのセミナー講師としても活動。KBCアサデス、RKB今日感テレビ等多数のメディアにおいて離婚問題での取材実績がある。「真の離婚問題解決法」「弁護士プロフェッショナル」等の書籍を執筆。





なぜ離婚問題は弁護士に相談?良い弁護士の見極め方とは…?

あなたにおすすめの事例

  • 1
  

風俗通い等によって財産を散財した夫との協議離婚を成立させた事例

Iさんは、約40年前に夫と婚姻しました。 Iさんは夫との婚姻生活中、子ども達にも恵まれ、極々普通の夫婦生活を送っており、約40年が経過しました。 夫との婚姻生活は、比較的うまくいっている状[...]

依頼結果:

離婚○成立
解決金700万円(増額)


/ 会社役員 / 婚姻期間:40年



詳細を見る
解決事例一覧ページ


事例を探す

 離婚の原因

 離婚の争点