調停に出てこない夫から600万円の慰謝料を獲得した事例

執筆者
弁護士 宮崎晃

弁護士法人デイライト法律事務所 代表弁護士

所属 / 福岡県弁護士会・九州北部税理士会 

保有資格 / 弁護士・税理士・MBA



ご相談者Yさん (福岡市博多区)
職業:専業主婦
世帯年収:600万円
婚姻期間:25年
解決方法:調停
子どもあり (2人)
慰謝料を請求した

相手:50代会社員

※実際の事例を題材としておりますが、事件の特定ができないようにイニシャル及び内容を編集しております。なお、あくまで参考例であり、事案によって解決内容は異なります。

サポート
サポート
増額
利益
慰謝料 0円 600
万円
600
万円
年金分割 50% 50%

状況

Yさんは、25年前に夫と結婚し、2人の子どもに恵まれました。今では2人とも成人しています。

ところが、夫は女性と浮気をし、自宅から出て行き別居が開始しました。

夫には遊ぶ金を作るためか、借金があることも分かりました。

こんな状態に耐えられなくなったYさんは、離婚を決意し、弁護士に依頼をしました。

 

※この事例は、以下争点ごとに弁護士の関わりと補足説明を掲載しています

弁護士の関わり

慰謝料の増額について

まず弁護士は、夫に対して内容証明郵便を送り、離婚協議を申し入れました。

ところがその後電話をしても相手方からの反応はありません。

やむをえず弁護士は離婚調停を申し立てました。しかし離婚調停を起こしても夫は調停にすら出てきません。

これでは全く協議を先に進めることができません。

数回裁判所に調停期日を入れてもらうようお願いしたものの、いずれも夫は出てきませんでした。

そこで、Yさん本人に「ちゃんと話し合いたいから調停に出てきてもらえませんか。」というような趣旨のメールを夫へ入れてもらいました。

そうすると、「次の調停には出ます。」という返信がありました。

弁護士は、Yさんから、夫が世間体を非常に気にするタイプだということを聞いていたので、期日に出てきた夫と調停後直接話をして、今後の見通しや、こちらの希望を丁寧に説明し、夫のメンツをつぶさないよう上手く条件提示をしました。

その後も当事務所で夫と条件面について何度も面談して粘り強く交渉した結果、600万円という相場からすると高額な慰謝料で合意する事ができました。

年金分割について

当初弁護士が内容証明郵便で離婚協議を求めても、離婚調停を起こしても、夫は何らの反応をせず、話合いができない状況にありました。

そこで、弁護士はYさんに指示をし、調停にてちゃんと今後の夫婦について話そうというような内容のメールを送るようにさせました。

そうすると夫は調停に出てきてくれました。

弁護士は、調停だけではなく、相手方と直接話すことが効果的だと考え、夫と当事務所内で面談を重ね、条件面について協議を重ねました。

こちらからは年金分割を求めていましたが、この年金分割は何かよくわからないため応じることは出来ないと夫は反論してきました。

そのため、弁護士は再度夫と事務所で面会し、年金分割の制度について丁寧に説明をして理解を求めました。

そうすると夫も年金分割について50%の按分割合での合意をしてくれました。

 

補足

慰謝料の増額について

配偶者の不貞行為を理由として離婚する場合、裁判所における慰謝料の相場は200万円から300万円程度と言われています。

本件では、協議や調停の場に出てきませんでしたので、金額どころか、そもそも合意すらできません。

そこで、夫とのコンタクトを交渉の場に出させるというスタートラインに乗せることが必要です。

また、金額についていうと、上記の相場はあくまで裁判所を通した場合のものですので、当事者で合意する場合には上記相場に縛られるものではなく、あくまで参考ということになります。

今回も不貞行為だけではなく、別居後にYさんが支払ってきた子どもの学費や、今後の生活への不安を払拭するためには、この程度必要だということを粘り強く説得した結果、相場よりも高額な慰謝料を確保することができました。

年金分割について

年金分割は、婚姻期間中の年金の支払い記録を分割する制度です。対象となるのは厚生年金や共済年金です。

本件では、婚姻期間も25年ほどと長いため、年金分割をするとYさんが将来受け取ることができる年金の額が大きく変わってきます。

年金分割自体はあまり知られていない制度ともいえますが、婚姻期間が長くなってくる場合には、見落とさないよう注意が必要です。

 

 


執筆者
弁護士 宮崎晃

弁護士法人デイライト法律事務所 代表弁護士

所属 / 福岡県弁護士会・九州北部税理士会

保有資格 / 弁護士・税理士・MBA

専門領域 / 個人分野:家事事件 法人分野:労務問題  

実績紹介 / 離婚の相談件数年間700件超え(2019年実績)を誇るデイライト法律事務所の代表弁護士。離婚問題に関して、弁護士や市民向けのセミナー講師としても活動。KBCアサデス、RKB今日感テレビ等多数のメディアにおいて離婚問題での取材実績がある。「真の離婚問題解決法」「弁護士プロフェッショナル」等の書籍を執筆。





なぜ離婚問題は弁護士に相談?良い弁護士の見極め方とは…?

あなたにおすすめの事例

検索条件: 慰謝料を増額

  • 1
  

妻と不倫相手の男性から500万円の慰謝料を取得した夫Tさん

Tさんは、18年前に妻と結婚し、4人の子どもに恵まれました。長男は高校生、長女は中学生、二男と二女は小学生です。 ところが、妻に挙動不審に様子が見られるようになり、調査会社に素行調査をご依頼されまし[...]

依頼結果:

慰謝料 500万円(500万円増額


/ 医師 / 婚姻期間:18年



詳細を見る
解決事例一覧ページ


事例を探す

 離婚の原因

 離婚の争点