早く離婚をしたいと家を飛び出した妻から親権を取得した夫Tさん

執筆者
弁護士 宮崎晃

弁護士法人デイライト法律事務所 代表弁護士

所属 / 福岡県弁護士会・九州北部税理士会 

保有資格 / 弁護士・税理士・MBA

ご相談者Tさん (北九州市)
職業:会社員
世帯年収:600万円
婚姻期間:18年
解決方法:調停
子どもあり (高校生2人)
離婚を求められた

相手:40代会社員

※実際の事例を題材としておりますが、事件の特定ができないようにイニシャル及び内容を編集しております。なお、あくまで参考例であり、事案によって解決内容は異なります。

サポート
サポート
減額
利益
離婚 成立
財産
分与
700
万円
0万円 700
万円
親権 × 獲得

 

 

状況

Tさんは、18年前に妻と結婚し、2人の子どもをもうけました。

現在、子どもは2人とも高校生ですが、上の子は大学受験直前でした。

結婚後、Tさんは、妻が宗教に入れ込みお金を浪費することに不満を感じていました。

他方、妻もTさんとのセックスレスや、家庭内での会話がないことなどを不満に感じていました。

このようなことから夫婦の間にはいつしか深い溝が生じていきました。

先にしびれを切らしたのは妻でした。

妻はTさんとの同居にこれ以上堪えられなくなり、別居を開始し、離婚調停を申し立てました。

Tさんは、突然裁判所から届いた調停の申立書を見てどうしたらいいかわからず、弁護士に依頼することにしました。

 

 

弁護士の関わり

そもそも、Tさんは子どものために離婚したくないと言い、子どものことを常に気にかけてきました。

そして、離婚するのであれば、親権は絶対に譲りたくないという希望を弁護士に伝えました。

弁護士としては、そもそも男性が親権を取得することは非常に難しいという一般論をTさんに説明していました。

実際に調停がはじまると、妻は一刻も早く離婚をすることが一番の希望であり、親権には固執していないことが分かりました。

そこで、弁護士は、「Tさんは親権を得られなければ離婚には応じられない。そうでなければ裁判でも構わない。」と主張していきました。

裁判ともなると、さらに1年程度時間がかかってしまいますので、そこまでは到底待てない妻の心理を利用し、調停段階で親権を取得できました。

 

 

補足

親権について争いになった場合には、子どもが大きくなれば、子どもの意思、子どもが小さければそれぞれの親の監護実績が重視されます。

親権についての考え方はこちら「離婚を考えたとき、押さえるべき8つのポイント ②親権をどうするか」をごらんください。

今回のケースは、2人の子どもはいずれも高校生とかなり大きかったのですが、2人ともTさんとの関係は良好で、子どもとしてもTさん、妻のいずれについていってもいいというような状況でした。

その中で、妻は一刻も早く離婚したい様子でしたので、そこに、大学の学費もTさんが責任をもって全て支払うなどの条項を合意内容に入れ、妻を安心させることで、親権を獲得できました。

 

この事例の離婚に関する説明は、こちらをごらんください。

この事例の財産分与に関する説明は、こちらをごらんください。

 

 

執筆者
弁護士 宮崎晃

弁護士法人デイライト法律事務所 代表弁護士

所属 / 福岡県弁護士会・九州北部税理士会

保有資格 / 弁護士・税理士・MBA

専門領域 / 個人分野:家事事件 法人分野:労務問題  

実績紹介 / 離婚の相談件数年間700件超え(2019年実績)を誇るデイライト法律事務所の代表弁護士。離婚問題に関して、弁護士や市民向けのセミナー講師としても活動。KBCアサデス、RKB今日感テレビ等多数のメディアにおいて離婚問題での取材実績がある。「真の離婚問題解決法」「弁護士プロフェッショナル」等の書籍を執筆。





なぜ離婚問題は弁護士に相談?良い弁護士の見極め方とは…?

あなたにおすすめの事例

検索条件: 親権

  • 1
  

子どもを連れ去った夫と子どもを取り返した上で離婚できたMさんの事例

Mさんは結婚後、3人の子どもに恵まれました。しかしながら、夫は、Mさんに対次第にし粗暴な振る舞いをするようになりました。Mさんは、身の危険を感じると共に、子ども達にも悪影響を与えると考え、子ども達を連[...]

依頼結果:

親権 ○(獲得


/ 30代会社員 / 婚姻期間:14年



詳細を見る
解決事例一覧ページ


事例を探す

 離婚の原因

 離婚の争点