わずか1か月で離婚を切り出した夫から高額な慰謝料を獲得した事例

執筆者
弁護士 宮崎晃

弁護士法人デイライト法律事務所 代表弁護士

所属 / 福岡県弁護士会・九州北部税理士会 

保有資格 / 弁護士・税理士・MBA



ご相談者Yさん (福岡県筑紫野市)
婚姻期間:1ヶ月
解決方法:協議
子どもあり
離婚を求められた

相手:医師

※実際の事例を題材としておりますが、事件の特定ができないようにイニシャル及び内容を編集しております。なお、あくまで参考例であり、事案によって解決内容は異なります。

状況

Yさんは医師である夫と5年前に結婚し、1人の子どもをもうけました。

夫の年収は2000万円を超えていましたので、今後の生活も安泰だと思ったのも束の間、夫から突然離婚を切り出されました。

Yさんは家事も一生懸命に行っていましたので、心当たりといえば、子どもを出産後に、全く性交渉がなくなったことくらいです。

夫には、外に女性がいたのかもしれませんが、証拠はなく、夫に問い詰めても納得いく理由は伝えてもらえませんでした。

理不尽なことに、夫がYさんに提示した慰謝料は、わずか100万円でした。

Yさんは、特に資格もなく、専業主婦でした。100万円ではすぐに生活苦に陥ることは目に見えています。

Yさんの夫は、あまり家に帰ってこなくなり、生活費も家に入れてくれなくなりました。

途方に暮れたYさんは、子どもを連れて実家に帰省するとともに、弁護士に依頼することにしました。

Yさんの夫は、自分が家に帰ってこなくなったにもかかわらず、このYさんの実家への子どもを連れての別居には激怒し、面会交流を申し入れてきました。

夫のあまりにも傲慢な態度に、Yさんも子どもと夫との面会を認めずにいました。

すると、夫は、弁護士に依頼し、家庭裁判所に面会交流の調停を申し立ててきました。

 

弁護士の関わり

話し合い弁護士は、Yさんが離婚自体に悩まれていたことから、夫婦問題についてのカウンセラーにによるカウンセリングを紹介しました。

カウンセリングを受けて、Yさんは夫との修復に向け、努力しました。

しかし、夫の離婚の意思がかたく、修復には至りませんでした。

そこで、弁護士は、夫に対して婚姻費用を請求しました。

夫は年収が2000万円を超えており、子どもが1人いることから、婚姻費用は月額40万円にものぼりました。

月額40万円の婚姻費用なると、1年間で480万円にものぼります。

この点、本件では、Yさんに民法770条1項で定められている離婚事由はないため、別居期間は少なくとも2年以上はないと裁判所も破綻を認めず、離婚は成立しないものと見込まれました。

この点を弁護士は説得的に主張しました。

その結果、1000万円という高額な慰謝料を得たうえで離婚を成立させることができました。

 

補足

この事例では、相手の年収が2000万円を超えており、極めて高額であったことから、1000万円もの慰謝料を取得できました。

交渉のポイントは、以下の2点です。

  1. 裁判所を使って離婚を成立させる(判決で離婚する)には、別居期間が数年必要であることを裁判例を基準に相手方に理解してもらうこと
  2. 別居期間中は、民法760条に基づく婚姻費用を支払う義務があることから、婚姻費用をまとめて先渡ししてでも離婚の同意を得た方が得であると理解してもらうこと

弁護士竹下龍之介このようにポイントを踏まえた交渉を行うことで、離婚を望む夫に対しては、「離婚できないまま高額な婚姻費用を支払い続けるよりは、相手が望む慰謝料を支払って離婚した方がましだ。」と気づかせることができます。

なお、婚姻費用が高額になる場合、相手方は、婚姻費用の額の確定を争うことが予想されます。

その場合には、速やかに、家庭裁判所に婚姻費用調停を申立てることが得策です。

 

 

執筆者
弁護士 宮崎晃

弁護士法人デイライト法律事務所 代表弁護士

所属 / 福岡県弁護士会・九州北部税理士会・ハワイ州弁護士会

保有資格 / 弁護士・税理士・MBA

専門領域 / 個人分野:家事事件 法人分野:労務問題  

実績紹介 / 離婚の相談件数年間700件超え(2019年実績)を誇るデイライト法律事務所の代表弁護士。離婚問題に関して、弁護士や市民向けのセミナー講師としても活動。KBCアサデス、RKB今日感テレビ等多数のメディアにおいて離婚問題での取材実績がある。「真の離婚問題解決法」「弁護士プロフェッショナル」等の書籍を執筆。





なぜ離婚問題は弁護士に相談?良い弁護士の見極め方とは…?

あなたにおすすめの事例

  • 1
  

浮気夫と愛人から慰謝料を回収し有利な条件で離婚した事例

Kさんは、夫と結婚し、翌年に長女が誕生。夫は浮気をし、その上妊娠させてしまったことが発覚。しかし、夫の不審な行動で調査をすると再び浮気をしていました。夫は離婚届を偽造して提出するという暴挙に出たため、[...]

依頼結果:

慰謝料 200万円(200万円増額


/ 専業主婦 / 婚姻期間:約20年



詳細を見る
解決事例一覧ページ


事例を探す

 離婚の原因

 離婚の争点