離婚協議書の書き方サンプル【弁護士解説】雛形ダウンロード

離婚協議書とは

離婚協議書とは、夫婦が離婚する際に、離婚の方法や諸条件を取り決めるために作成する書面のことです。

離婚届を記入するイメージ画像離婚の方法とは、誰が離婚届けを提出するかなどをいいます。

すなわち、妻が届け出るのか、夫が届け出るのか、ということです。

諸条件とは、親権者、養育費、面会交流、慰謝料、財産分与、年金分割等の内容です。

離婚協議書を作成することで、後々、言った言わないのトラブルを防止することができます。

また、相手が条件を守らない場合、法的措置が容易になるため、必ず作成するようにしましょう。

 

内容について

離婚協議書では、親権者、養育費、面会交流、慰謝料、財産分与、年金分割等の具体的な内容を取り決めます。

その前提として、上記諸条件について、「正しい知識」が必要です。

例えば、養育費について、適正額が月額10万円の事案であれば、それを前提に協議すべきです。

相場が10万円であることを知らずに、月額5万円で合意するということは、権利者側にとっては不利益となるからです。

上記諸条件について、詳しく知りたい方は、以下の該当する解説ページを参照してください。

相手と離婚できるか知りたい

親権についてどうなるか知りたい

養育費の適正額を知りたい

面会交流について知りたい

慰謝料について知りたい

財産分与について知りたい

年金分割について知りたい

 

 

テンプレートのダウンロード

パソコンとスマホここでは、パターン別の離婚協議書と公正証書案のサンプルを紹介しています。

すべて無料でダウンロードが可能ですので、ご参考にされてください。

もっとも、相談者の方がおかれた状況は多種多様であり、どのような文章を使うべきか一概に言えません。

そのため、最適の文章にするために、書式はあくまで参考程度にとどめ、離婚専門の弁護士への相談を強くお勧めします。

 

離婚協議書(慰謝料なし)

この書式は、離婚協議書のサンプル(記載例)です。

慰謝料についての取決めがないパターンです。

年金分割については、別に合意書を作成して、公証役場で私文書の認証を受けるのが通常です。

あくまでサンプルです。個別具体的な状況に応じた最適な協議書を作成するために、離婚専門の弁護士にご相談されてください。

離婚問題について、くわしくはこちらをごらんください。

離婚協議書診断サービスは、こちらからどうぞ。

【離婚協議書(慰謝料なし)】のひな形をダウンロード

PDF形式でダウンロード
word形式でダウンロード

 

離婚協議書(慰謝料あり・2当事者間)

この書式は、離婚協議書のサンプル(記載例)です。

慰謝料についての取決めがあるパターンです。

年金分割については、別に合意書を作成して、公証役場で私文書の認証を受けるのが通常です。

あくまでサンプルです。個別具体的な状況に応じた最適な協議書を作成するために、離婚専門の弁護士にご相談されてください。

離婚問題について、くわしくはこちらをごらんください。

離婚協議書診断サービスは、こちらからどうぞ。

【離婚協議書(慰謝料あり・2当事者間)】のひな形をダウンロード

PDF形式でダウンロード
Word形式でダウンロード

 

離婚協議書(慰謝料あり・3当事者間)

この書式は、離婚協議書のサンプル(記載例)です。

慰謝料についての取決めがあるパターンです。慰謝料の発生原因が不貞行為の場合、不貞の相手方も慰謝料の支払いについて連帯債務を負います。

このサンプルは、不貞の相手方も合意の当事者に加えたパターンです。

年金分割については、別に合意書を作成して、公証役場で私文書の認証を受けるのが通常です。

あくまでサンプルです。個別具体的な状況に応じた最適な協議書を作成するために、離婚専門の弁護士にご相談されてください。

離婚問題について、くわしくはこちらをごらんください。

離婚協議書診断サービスは、こちらからどうぞ。

【離婚協議書(慰謝料あり・3当事者)】のひな形をダウンロード

PDF形式でダウンロード
Word形式でダウンロード

 

離婚協議書(自宅の財産分与1)

この書式は、離婚協議書のサンプル(記載例)です。

自宅の財産分与についての取決めがあるパターンです。また、住宅ローンが残っており、その返済を譲受人が行う場合のパターンです。

年金分割については、別に合意書を作成して、公証役場で私文書の認証を受けるのが通常です。

あくまでサンプルです。個別具体的な状況に応じた最適な協議書を作成するために、離婚専門の弁護士にご相談されてください。

特に、自宅の財産分与については、住宅ローンの負担、明け渡し時期、所有権の移転時期、登記手続、公租公課等、考慮しなければならないことがたくさんあり、専門家に作成してもらうことを強くお勧めします。

自宅の財産分与について、くわしくはこちらをごらんください。

離婚協議書診断サービスは、こちらからどうぞ。

【離婚協議書(自宅の財産分与)】のひな形をダウンロード

PDF形式でダウンロード
Word形式でダウンロード

 

離婚協議書(自宅の財産分与2)

この書式は、離婚協議書のサンプル(記載例)です。

自宅の財産分与についての取決めがあるパターンです。

また、住宅ローンが残っており、その返済を譲渡人が行う場合のパターンです。

本来、住宅ローンを当該不動産を譲り受ける人が支払うべきですが、離婚を求めている譲渡人が有責配偶者の場合(例えば、夫が不貞行為を行って、妻に離婚を求める場合)、譲渡人が支払っていくことを約束する場合があります。

年金分割については、別に合意書を作成して、公証役場で私文書の認証を受けるのが通常です。

あくまでサンプルです。

個別具体的な状況に応じた最適な協議書を作成するために、離婚専門の弁護士にご相談されてください。

特に、自宅の財産分与については、住宅ローンの負担、明け渡し時期、所有権の移転時期、登記手続、公租公課等、考慮しなければならないことがたくさんあり、専門家に作成してもらうことを強くお勧めします。

自宅の財産分与について、くわしくはこちらをごらんください。

離婚協議書診断サービスは、こちらからどうぞ。

【離婚協議書(自宅の財産分与2)】のひな形をダウンロード

PDF形式でダウンロード
Word形式でダウンロード

 

公正証書

この書式は、公正役場に提出する案文のサンプル(記載例)です。

公正証書は、万一、債務者(養育費等を支払う者)が金銭を支払わない場合、公正証書に基づいて強制執行できることがメリットです。

強制執行をするためにはこの書式にある「強制執行認諾文言」が必要となるので、忘れないように注意してください。

離婚協議書診断サービスは、こちらからどうぞ。

【公正証書案文)】のひな形をダウンロード

PDF形式でダウンロード
Word形式でダウンロード

 

 

協議書の効力

離婚協議書を作成する上で、重要なポイントは、「法的拘束力が認められる内容にする」ということです。

なんとか相手との合意内容がまとまったとしても、法的に有効な内容の協議書を作成していなければ、後々トラブルになる可能性があります。

例えば、権利者側(請求する側)に見られるケースとして、「養育費として、月額10万円をもらえると思っていたのに、協議書の内容に不備があったため支払い義務が発生しない」などです。

義務者側(請求される側)に見られるケースとしては、「慰謝料として100万円を支払う約束をしたが、協議書に譜があったため後から追加で金銭を請求される」などがあげられます。

このようなトラブルを防止するために、協議書の作成については、専門家に事前に相談されることをお勧めいたします。

 

手書きの協議書は認められる?

協議書の作成は、上記のとおり、法的に有効な内容の書面を作成することがポイントとなります。

この点に関して、「手書きの書面は法律上認められますか?」というご相談を受けることがあります。

法律上、「手書きだから効力が発生しない」ということはありません。

しかし、手書きの場合、改ざんしやすい鉛筆等ではなく、ボールペンなどの消せないものを使うべきです。

なお、協議書の署名については、自筆がお勧めです。

記名(ワープロで印字されたもの)の場合、印鑑は認めではなく、実印を使う方がトラブル防止につながります。

 

 

まとめ弁護士以上、離婚協議書のサンプル、協議書の効力等について、詳しく解説しましたがいかがだったでしょうか。

一口に離婚と言っても、夫婦がおかれた状況は千差万別です。

それぞれの具体的な状況に応じた適切な離婚協議書・公正証書を作成することが重要です。

また、トラブルを防止するために、法的に有効な内容の協議書を作成する必要があります。

そのため、一人で抱え込まずに専門家に相談されることをお勧めいたします。

当事務所の離婚事件チームは、離婚協議書について、専門知識とノウハウを共有しております。

自分で作成した離婚協議書をチェックしてほしいというようなご相談も受け付けています。

離婚協議書の診断サービスについて、詳しくはこちらのページを御覧ください。

近くに専門家がいない遠方の方については、当事務所ではLINEなどを利用したオンライン相談が可能です。

離婚でお困りの方は、当事務所までお気軽にご相談ください。

ご相談の流れはこちらをご覧ください。

 

 

離婚書式・資料集


なぜ離婚問題は弁護士に相談?良い弁護士の見極め方とは…?